はやの意匠

Hikihari

HIKIHARI ヒキハリ

「漆の設計展」
Exhibition at designshop Azabu Tokyo / 2005

Design: Masatoshi Hayano
Urushi: Tsuyoshi Kotaniguchi / Taniya
Glass: Shotoku Glass Co.

山中の「挽きもの」と江戸の「うす玻璃」

研ぎ澄まされた「眼」と「指」の感覚が可能にした至極の技

吹き硝子は型に合わせて硝子を吹くので実はすべて歪んだ円 

挽き物はろくろに刃物を当てるので限りなく真円へと向かう

そもそも合う道理のない器どうしを合わせるという空想の器

木挽き、下地、漆塗り、すべての職人の傍らに相方のうすはり硝子が無言の回覧板として渡されていく

職人の眼と手は一瞬ですべてを見通し こだわりや欲は簡単に打ち砕かれていく

その無垢で純粋なこころこそ、物を生みだす すべてのみなもと

「お茶と菓子のために」

きわみを さらりと かろやかに